支えたい

SUMMARY 劇場支援会員について

劇場支援会員制度が始まります

 
 アトリエPentAでは来年度(2022年4月)から【劇場支援会員制度】をスタートすることに致しました。
 この劇場支援会員制度は、東京・こまばアゴラ劇場で2003年から始まったもので、その後、沖縄・愛媛・京都・三重・兵庫へと広がり、来年度、長崎のアトリエPentAが九州では初めての連携劇場として加わることになったという次第です。そんな劇場支援会員にお申し込みを頂くこと、それは支援会員としてアトリエPentAを支えるというだけではなく、全ての連携劇場や舞台表現者を支援するということになるのです。
 気になる支援会員の特典は、アトリエPentAでの公演をほぼ全て観ることが出来るというだけではなく、なんと他の連携劇場の公演もほぼ全てご覧頂くことが出来るというものです。
 今年度は【プレ実施】ということで、半期(2021年10月~2022年3月)での実施になりますが、可能な限り他の地域での芸術文化に触れて楽しむ、豊かな時間を過ごして頂けたらと願っております。
 皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願い致します。
 

アトリエPentA ディレクター 福田修志

 

会員の種類

 

九州在住会員

九州に住んでいる方なら、どなたでも会員になれます。
年会費 20,000円 → 10,000円(半期割引)
 

一般会員

どなたでも会員になれます。 
年会費 30,000円 → 15,000円(半期割引)

 

会員の特典

 

★アトリエPentA(半期プレ実施)全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、アトリエPentAの全公演が1 演目につき1 回観劇可能。
 

★こまばアゴラ劇場全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、アゴラ劇場、アトリエ春風舎の全公演、および他会場で開催するアゴラ劇場主催・提携公演が優先的に何度でも観劇可能。
 

★津あけぼの座・テアトル・ドゥ・ベルヴィル全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、津あけぼの座、テアトル・ドゥ・ベルヴィルの全公演が1演目につき1回観劇可能。
 

★THEATRE E9 KYOTO全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、THEATRE E9 KYOTOでの全公演が1演目につき1回観劇可能。
 

★江原河畔劇場全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、江原河畔劇場での全公演が優先的に何度でも観劇可能 。
 

★シアターねこ全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、シアターねこでの全公演が1演目につき1回観劇可能。
 

★アトリエ銘苅ベース全公演

会員証のご提示で、2021年10月1日~2022年3月31日までの半年間、アトリエ銘苅ベースの全公演が1演目につき1回観劇可能。

 

※公演によっては対象とならないモノがございます。対象公演は各劇場ラインナップでご確認ください。

 

ご入会について

ご入会については入会申し込みをご覧ください。