ペンタの日2020

INFORMATION 公演情報

公演延期となりました(2020.04.20)

 
いかけしごむ(表)

 
いかけしごむ(ウラ)

 

 
広田ゆうみ+二口大学

いかけしごむ 

作:別役実
演出:広田ゆうみ

 

京都を拠点に活動を続ける俳優・広田ゆうみと二口大学。2010年から取り組みの一つとして行っているのが、日本の不条理演劇の第一人者でもあり、今年3月惜しくもこの世を去った別役実作品の上演や文藝作品の朗読。今回は一幕劇の傑作と名高い「いかけしごむ」を長崎・アトリエPentAで上演いたします。
 夜の街はずれの公園で出会う男と女。男は、イカを原料とするケシゴムを発明した結果、命を狙われていると訴えますが、女はそれに耳を貸すことはなく・・・
 アトリエPentAで、別役ワールドをご堪能下さいませ。

 

 出演

広田ゆうみ
二口大学

田中俊亮(F's Company
 

日時

2020年5月30日(土) 19:00
2020年5月31日(日) 14:00※延期

※開場は開演の30分前。

 

料金(全席自由・日時指定)

[前売・当日]
 一般:2000円/U-2222歳以下)1000

※未就学児入場不可

 

チケット取扱

 
アトリエPentA
 
カルテットオンライン
 

主催

広田+二口企画、アトリエPentA
 

お問い合せ

 
事務局(津あけぼの座)
0592221101
hirotafutakuchi@gmail.com
 
アトリエPentA
095-895-8147
info@penta.fs-company.com
 

広田+二口企画

 
広田+二口企画

 
京都で長年活動を続ける俳優広田ゆうみと二口大学の二人が俳優による俳優のための公演作りをする企画。 2010年結成。代表の広田が演出しその広田と二口が出演するというスタイルで別役実作品の上演や文藝作品の朗読をする公演を続けている。
 
2010年7月 別役実作「いかけしごむ」 京都市東山青少年活動センター創造活動室
2011年1月 別役実作「眠っちゃいけない子守唄」 西陣ファクトリーGarden
2011年6月 別役実作「もうひとりの飼い主」広田一人芝居 西陣ファクトリーGarden
2012年2月 別役実作「クランボンは笑った」 西陣ファクトリーGarden
2012年7月 別役実作「部屋」 西陣ファクトリーGarden
2013年2月 別役実作「この道はいつか来た道」 西陣ファクトリーGarden
2013年6月 別役実作「いかけしごむ」再演 西陣ファクトリーGarden
2014年10月 別役実作「クランボンは笑った」再演 西陣ファクトリーGarden
2015年6月 別役実作「もうひとりの飼い主」再演 西陣ファクトリーGarden
2016年2月 別役実作「いかけしごむ」再演 京都芸術センター15周年企画招聘公演
2016年2月 福永武彦作 リーディング作品「深淵」カフェギャラリーときじく
2017年2月 福永武彦作 リーディング作品「あなたの最も好きな場所」カフェギャラリーときじく

 
 

広田ゆうみ(ひろたゆうみ)

俳優。二〇〇六年までユニット <小さなもうひとつの場所>にて別役実戯曲を多数上演。現在、演出家 山口浩章、俳優 二口大学とのユニット《このしたやみ》に参加し、京都を拠点に国内外各地で公演を行っている。
マレビトの会『血の婚礼』(G.ロルカ作・松田正隆演出)、京都芸術センター十周年記念演劇公演『式典』(三浦基演出)、津あけぼの座クリエーション『葉桜』(岸田國士作・鳴海康平演出)、コンブリ団『カラカラ』(深津篤史作・はせひろいち演出)など外部出演も多数。
朗読家として、自らの企画で別役実童話はじめ様々な作品の朗読を行う他、舞踏や合唱、能楽など他分野とも共演。
 
京都若者サポートステーション就労支援事業講師等
ワークショップデザイナー(大阪大学第一期)
 

二口大学(ふたくちだいがく)

俳優。同志社大学第三劇場から俳優活動を開始。現在演出家山口浩章、俳優広田ゆうみとともに《このしたやみ》を組み、韓国、ロシア、ポーランド等国内外で公演を行う。『ともだちが来た』(鈴江俊郎作・演出)、『海と日傘』(松田正隆作・三浦基演出)、『聞こえる、あなた?-fuga3(太田省吾作・演出)、『帽子屋さんのお茶の会』(別役実作・中島諒人演出)、『ゼウスガーデン衰亡史』(小林恭二作・安田雅弘演出)等多数出演。
舞台の他にもNHK朝の連続ドラマ『マッサン』、京都地域ドラマ『ワンダーウォール』(渡辺あや作)等に出演。
10回関西現代演劇俳優賞受賞。
 
龍谷大学国際学部非常勤講師
京都市若者サポートステーション就労支援事業講師等
京都役者落語会メンバー