公演記録

ARCHIVE 公演記録

命を弄ぶ男ふたり

 
市川森一記念 長崎座 

命を弄ぶ男ふたり

2019.5.18

岸田國士
演出長崎座演出部
   

深夜の線路、踏切から離れた場所に、ふたつの人影……
挙動不審な眼鏡の男に、顔中に包帯を巻いた男。
こんなところに用事と言えば……?
なんだか訳アリな二人が語る悲喜こもごも。
ちょっぴりしんみり、最後はほっこり心があったまる、そんな短編作品をどうぞ。

 

 出演

  毛利晋一郎 / 田中義克
 

 料金(全席自由・日時指定)

  500円 
 

 チケット取扱・お問合せ

  長崎座運営委員会
 nagasakiza@outlook.com
 090-9936-2224
 
 

団体紹介

市川森一記念 長崎座

作家、故・市川森一氏の提唱により、2008年に長崎県の事業としてスタートした、「長崎座」。その中の「俳優工房」で学んだメンバーが、当時の指導者であった演出家、青井陽治氏の逝去により再集結し、2017年より活動を再開。
今回の『命を弄ぶ男ふたり』が活動再開後初の上演作。